--年--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | スポンサー広告
2008年08月18日(月)

C74行ってきました~ 

コミケですよ!コミケ!
ということで3日目だけだけど私も行ってきました。
と言っても、今回の主な目的は買い物ではなく、Forza2関連で知り合った方々に美希ピンキーを見せびらかしに行くことでしたが(笑)
この日の為に急いで塗装する必要があったのです。

当日寝坊してしまい会場に到着したのが午後2時前というダメっぷり。
到着後に早速各ブースに美希ピンキーを見せびらかしに行ったら、なんとその場で販売されている本を頂いてしまいました!winkさんHizukiさんavonleaさん本当に有難う!
その後は終了までwinkさんHizukiさんのブースに置かせてもらいました。
色々着せ替えて営業(笑)させましたが、その時の様子を写真に収めることをうっかり忘れてしまって何とも残念。

コミケ後は5人ほどで有楽町で飲み会~
料理も美味しくてとにかく楽しく大満足な1日でした。
スポンサーサイト
2008年08月17日(日)

美希ピンキー 完成写真 その2 

お次はアナザーカジュアルバージョンの公開です。
今回は少なめに2枚。
ノーマルカジュアルもいい物ですが、この衣装の配色は私自身かなりのお気に入り。
よくこの衣装にバンダナ被って忍者刀背負って(←そればっか)踊ってもらっています(笑)

DSCN4328.jpg DSCN4331.jpg
うろ覚えの調色レシピを描いてみると

肌色  ノーマルと同じ物を使用
髪  ノーマルと同じ物を使用・・・なんだけど、1度失敗したものの上から塗り重ねたので少し色合いが違って見える。
キャミソール  レッド+ホワイトにパープルやら何やらを加えたものをホワイトで明度変えて2色。
スカート  コバルトブルー+モウリーグリーンを影色に、ホワイトやら何やらを加えて調整したものを影色をうっすら残す感じで。
ベルト  レッドブラウンとマホガニー。中心のイエローは黄橙色+ホワイト+ウッドブラウン少々。
ブーツ  レッドブラウンを影色に、ウッドブラウンを影色をうっすら(ry

この衣装、実はスカートに細かい白の模様がある設定なのですが、急いでいたのと、筆スキルが低すぎるという理由であっさり断念、ごめんなさい^^;


最後におまけとして着せ替えプレイ画像を載っけておきます。
やっぱりピンキーといったらこれだね~。思わず頬がゆるんでニヤニヤしっぱなしでもうどうしたものか(笑)

DSCN4367.jpg DSCN4349.jpg DSCN4351.jpg
どれもこれも可愛くて本当に困った物だ。
メイド服はみくるピンキー付属の物なので美希にピッタリです(胸的な意味で)。


以上で美希ピンキーの製作記は終了となります。
これまで製作記を見て下さっていた方、コメントで励ましてくれた方、色々と本当に有難う御座いました。
2008年08月17日(日)

美希ピンキー 完成写真 その1 

DSCN4276.jpg
6月下旬から製作を始めてはや約2ヶ月、ようやく美希ピンキーが完成しました(アレ?塗装編は?)。
という訳で、完成品画像をいくつか公開しておきます。

以前リボフロ春香さんをグレーの背景で撮影した画像(←長いリンクだw)はなんとなく沈んで見えてしまったという訳で、今回は白背景で撮影をしてみた訳なのですが、なんだか必要以上に真っ白になってしまった(笑)

製作中はとにかく動画やら画像やらで美希をじっくり眺めることが多かった訳ですが、その時に思うことはやっぱり美希は可愛いなぁということです(笑)
可愛いカワイイとブロリーPみたいに連呼してたらいつの間にか完成していたよ。


DSCN4275.jpg DSCN4291.jpg DSCN4292.jpg DSCN4309.jpg DSCN4311.jpg
まずはノーマル私服バージョンです。
とある事情により急いで塗装する必要があったので、正確に調色レシピを覚えている訳では無いのですが、覚えている範囲で書いてみると


肌色  レドーム+ホワイトに黄橙色で調整
髪  ブラウン+ホワイトを影色に、黄橙色+ホワイトにタンやら何やらを加えて調整したものを影色をうっすら残す感じで
キャミソール  モウリーグリーン+コバルトブルー+ホワイトに蛍光グリーンを少々
色の薄い部分は上記のものにホワイトを加えて、モウリーグリン、コバルトブルーで調整
スカート  グレー系のものを影色に、ホワイトやらモウリーグリーンを加えたものを影色をうっすら(ry
ベルト  ホワイトにコバルトブルー、蛍光レッドを加えたものをホワイトで明度変えて2色。
ブーツ  ブラウン+ホワイト+黄橙色を影色に、ホワイトやタンやらを加えたものを(ry

胸の蝶マークやアクセサリーはアクリルガッシュを使用し筆でチマチマと。
最後にクリアーを全体に吹き付けて完成です、髪は光沢、それ以外は半光沢にしてみました。

アナザーカジュアルバージョンやその他もろもろはその2で。
2008年08月15日(金)

美希ピンキー その17 

美希ピンキーの製作記もいよいよ塗装編に突入です。
今回は2人のあふぅをそれぞれ別のカラー(カジュアル&アナザーカジュアル)で塗ろうということで、調色作業がとにかく大変。


DSCN4255.jpg
ひとまずここまで~
肌色、ブーツ、髪の毛ととにかく微妙な色合いでいきなり大苦戦、無駄に時間掛かってこれだけしか進まなかった。
髪の毛は様子見で片方だけ塗ってますが、やっぱり何か違う気が^^;
画像だとさっぱり判りませんが、ブーツ、髪の毛は影色吹いた後に基本色を重ねて微妙なグラデーションを掛けてあります。
2008年08月12日(火)

美希ピンキー その16 

未だに表面処理中です・・・というか前回気泡に盛ったパテ(Mr.溶きパテというやつです)、しっかり乾燥させて磨いたというのに全くと言っていいほど埋まってない感じでした。
おまけに妙に削りにくいし、どうもこいつには昔からまともな印象がないです。
やっぱり溶きパテはタミヤ製に限るということで、後に必要な塗料もまとめて買い出しに行ってきました。


せっかくなのでのんびり買い物を楽しんでいると、ガチャガチャコーナーでSR シューティングゲームヒストリカ2を発見。
第1弾を集めた私としてはこれは回さずには居られない。
「ガチャガチャ・・・1回300円か・・・」「ちょっと遊んで行くか。」などと呟きながら(←ガチャガチャ回す時はいつもコレw)ひたすら回してみました。

DSCN4235.jpg
結果、8回で一通り揃っちゃいました。しかもジオソードは3番機×1、5番機×2で実質ダブりは1個のみ。なかなか引きが良くてお財布が助かったw

DSCN4249.jpg
この中で特に好きな機体は手前中央の「R-GRAY1」。
実は昔、ゲーム本編をやりこんで1~4面までのロックパターンを構築、5機設定の店で1コインクリア達成と、斑鳩に次いで思い入れの強い機体なのです。


・・・と、随分話が逸れましたが美希ピンキーの続きです。

DSCN4240.jpg
これが欲しかった「タミヤ ホワイトパテ」。乾燥時間を早める為にうすめ液ではなく流し込み接着剤で溶いて気泡に塗り込みます。

DSCN4243.jpg
で、またパテが乾燥するまで待ち~(白背景の為見辛い画像ですみません)
2008年08月10日(日)

美希ピンキー その15 

複製したパーツの表面処理をしていきます。

まずはゲート跡、パーティングラインを均して、各パーツをじっくり眺めて気泡のチェック→埋め。
ある程度表面が綺麗になったな~と思ったら、塗装の下地処理として白サフを吹き付けましょうか。
とか何とか思っていた訳ですが、よくよく考えてみると私は白サフを持っていなかったのでしたw
わざわざ白サフだけ買いに行くのもアレですし、あるものでなんとかしてみましょう。


DSCN4227.jpg
WAVEの「HGホワイト(安いし発色もいいので白の塗料としてオススメ)」、何故か奥から出てきた(←またか!)「メタルプライマー」、うすめ液をそれぞれ1:1:1.5ぐらい(正直適当w)で混合。
レジンキット用下地ホワイトとして問題なく使えそうです。

で、これを全体に吹き付けたらまたパーツ表面をじっくり観察、見つけた傷や気泡をパテ埋めします。
表面処理は相変わらず地味で面倒ですが、仕上がりに大きく響くので頑張りたいところ。
2008年08月07日(木)

美希ピンキー その14 

複製した各パーツを組み上げてみます。

DSCN4211.jpg
塗装用に2体(アイボリー単色なので画像のコントラスト強め)。それぞれノーマルの私服、アナザーカジュアルで塗りましょうか。
複製時に真鍮線やらプラ棒やらを埋め込んで作成していますので、ほとんど加工いらずで画像の様に組み上がります。
やることといったら首、あほ毛接続用の穴開けぐらいでしょうか。楽ちんです、あふぅ。
あと、レジンに置き換えて後ろ髪が軽くなったおかげで、妙なバランスで自立しちゃいますよ。


DSCN4216.jpg
・・・で、上の2体とは別に7セットほど複製してみたり。
ついカッとなって(ry
販売する訳でもないのにこんなに複製してどうするんだよっ、てな突っ込みはナシで(笑)
2008年08月07日(木)

美希ピンキー その13 

シリコーン型が完成したのでレジンを流しての複製作業に移ります。
前回は型から注入したレジンがドバドバ漏れ出して大変なことになりましたが、今回はそんな事態が起こりませんように・・・
ちなみにレジンの臭いですが、ほぼ灯油と同じだと思って間違いないです。
そんなモノが机にぶちまけられた日にはもう泣くしかないw
机の中の人は大変ですが、知らない人なので平気です。

さて、注入作業ですが・・・
まずシリコーン型を厚さ9mmの木の板(家から十数分の所にあるホームセンターで適当なサイズにカットしてもらいました)で挟み込んでクランプで固定。
レジンA液とB液をそれぞれ電子秤で計量し、紙コップに投入。素早くかき混ぜ型に注ぎます。
注ぎ終えたら型を軽くトントン叩いて気泡を逃し、硬化を待ちます。
かき混ぜ→注ぎ→トントン(何だそれw)を2分以内に終えなければならないので、慣れるまで結構忙しいです。

レジンが硬化したら、パカッと型を取り外して完成。

DSCN4203.jpg DSCN4206.jpg DSCN4210.jpg
今回のシリコーン型はバリも気泡もほとんど出来ずに助かりました。
・・・と淡々と書いていますが、上の画像を撮影している時の私のテンションは最高にハイって奴だw
とりあえずベビーパウダー最高、ってことで。
2008年08月06日(水)

美希ピンキー その12 

レジン複製用のシリコーン型を作ります(前回失敗したので2回目の画像になりますが)。

まずは原型をパーツひとつひとつ粘土に埋め込んでいきます。
この時点で埋めた部分が片面、顔を出している部分がもう片面、つまり原型と粘土との境目がそのまま分割線になります。
原型と隙間が出来ないよう、また粘土面がなるべく平坦になるよう注意。

埋め終わったら型取りブロックで枠作って、粘土を枠サイズにトリミング。
で、枠との隙間を埋めて、湯口(キャストの通り道)を5mmプラ棒埋めて作成、型ずれ防止用のダボをグリグリ掘ります。


DSCN4183.jpg DSCN4185.jpg
上記の作業を終えた状態です。
ここまでの作業時間は約5時間^^; 慣れない粘土埋めは本当に疲れるなぁ。
原型に余分なモノがくっついている様に見えますが、これは凹状のパーツを抜く為に必要なのです。
「寄せ型」でググると幸せになるかもしれない。
この寄せ型はシリコーンで作成したので、上から流すシリコーンと癒着してしまわないよう瓶サフを薄く吹いて離型処理をしておきます。

で、この上からシリコーンを流します。
まず原型を薄く覆い、エアブラシで気泡を飛ばしてから残りを流します。


DSCN4198.jpg
12時間経ってシリコーンが硬化したら、型をひっくり返して粘土を剥がします。
で、残った粘土カスを除去したら全面にサフを薄く吹いて離型処理、再びシリコーンを流します。

シリコーンが硬化したら原型を取り除き、キャストの通り道を彫刻刀やカッターで彫り込んだら完成です。
2008年08月05日(火)

美希ピンキー その11 

美希ピンキーのシリコーン型ですが、どうにもうまくいかなくて作り直しています。
どうやらゆがんだ型が出来上がってしまった様で、どんなにクランプを工夫しようがキャストダダ漏れ、パーツの段差もひどく実用に耐えず。

ゆがんだ型が出来上がってしまった要因として考えられることは

●シリコン量をケチったw → 大きさも厚さも余裕を持つ
●離型剤(メタルカラー)を厚塗りしすぎた → エアブラシで極力薄めに吹き付ける
●粘土除去の際、一旦型枠をはずした → 型枠はそのままひっくり返して作業する

といった感じでしょうか。

以上の点を踏まえて新たに型を作成中です。
現在B面のシリコーン流しが終わって硬化待ちといった状況。
2008年08月03日(日)

ワンフェス行ってきました~ 

ワンフェスですよ、ワンフェス!
ということで私も行ってきました。

始発で突撃して6時半頃行列の最後尾に到着、ひたすら並んで10時15分頃会場入りといった感じでした。
会場入りした瞬間に大量の購入物を抱え降りてくるディーラーの方々を見る絶望感は異常。

ひとまず4階へ直行し、ブース入りしたかしないかという時に「2階から4階へ通じるエスカレーターは使用できません」という例のアナウンスが。
この時は気にする余裕が無かったのですが、まさかあんな事態になっていたとは・・・がくぶる。怪我された方は大丈夫なんでしょうか。


DSCN4195.jpg
で、今回の購入物~
下の2つ、まさか購入できると思っていなかったので、買えた時は大喜びでした。
一通り買い物が済んだ後は各ブースをまったり見学、2時半頃に会場を後にしました。

う~ん、いつか自作ピンキーをいくつか持ち込んでディーラー参加してみたいなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。